銘木とは・・・

  銘木は、「めいぼく」と読みます。家を建てたり、家具に使うための木、つまり建築材のことを指していいます。一般的には、家を建てるときに使う木の素材は材木と呼びますが、この銘木は材木とは異なり、高品質で希少価値があり、内装の一部や家具などに装飾的に使われます。


  銘木と材木の違い
  材木と銘木の違いは、その品質にあります。
形や色、木目、光沢、艶など、品質が優れ、趣のあるものを銘木といいます。
種類としては、杉、松、欅(けやき)、などが挙げられますが、その木の本来の天然の美しさがあれば、樹種は問わずに銘木とされるものもあります。
普通ならば、樹齢を重ね、年輪が詰まり、木目が美しいものが耐久性にすぐれ、見た目の艶や美しさも
評価されます。
磨き上げられた銘木
  けれども、例え節があり、木目がまっすぐでないものでも、変っている形で趣があり、姿やバランスが美しかったら、それは銘木となることもあるのです。

  天然の美しい木を、手を掛けて銘木にしあげます。
 

職人の技

天然の素材の美しさから、「銘木」とされ、古木・名木から切り出し、そのままの美しさを生かすように職人が仕上げるものもありますが、木挽や製材機など、手を加えて製品に仕上げて、「銘木」となる場合もあります。
建築材で形や材質、木目、色艶が優れているものを「銘木」としています。今では、天然材木の銘木を模した加工銘木も広まっているようです。
  銘木は、その素材のよさを引き出すために、通常の材木よりも多くの職人の手が加えられています。
その木に対する削りや漆の処理などのアプローチなど、その木の趣や品のよさや表情を引き立たせるために、知識と経験のある職人が丹念に手を掛け、丁寧に仕上げます。


  材木文化と日本の風土
  人に優しい日本の風土に合った木材建築です。
  日本は古来から自然とともに歩んできました。自然の木を使った建築技術も高く、安全性・芸術性も認められております。一般には、樹齢100年の木をつかえば、その家は100年は持つといわれます。
近年上昇の一途をたどっている、シックハウス症候群などの障害の発生からも家族を守ることができ、豊富な木材を適材適所に配する技術も磨きつづけられてきました。
木は呼吸をし、外気の暑さ寒さに対する耐性もあります。日本の風土に合った、木材建築は住む人の体と心に優しい文化と技術の融合ともいえます。

  失われゆく自然と銘木。  
  近年の開発、農林業の状況から、大木が昔ほどは取れないことから、自然が育てた古木も、丹精こめて手入れをした大木も、希少価値がさらに高まっています。
調和の取れた美しく住みよい"日本の家"には銘木は欠かせない素材です。


  銘木の美しさと調和
  銘木選びは部屋の調和と用途に合わせて選びましょう。 
  美しい光沢と張りのある木肌の床柱、和風座敷の気品を縁取る床框や床板など、品のある銘木の使った室内は、住む人の心を落ち着け、調和の取れた空間をつくります。
全体の調和と用途に合わせて、使い方を選びましょう。
昔から伝わる、時が磨いた本物の美に囲まれた暮らしは、心も豊かにしてくれるはずです。



Copyright(c) 2003. YAMATO-MEIBOKU Ink. All rights Reserved.